2020.11.29修理症状

水没は直らない!?

iPhone修理工房セレオ甲府店です!!
毎日寒暖差が激しいですが
皆様、体調崩されていませんか?(´・ω・`)

私は、元気です♪
むしろ食欲の秋通り越して
冬眠準備に入るのでは?と自分でも疑問に思うほど
ここ最近食欲旺盛でして・ω・
今年も元気に冬を越せそうですw笑

さあて、今日のテーマは
『水没』についてちょっとお話をしていきたいと思います♪

水没は季節を問わず
液晶破損・バッテリー不具合についで
年間オールシーズンお客様がご来店されます。
最も多いのは、やはり夏ですが
私達が生活していく上で水分は常に身近にあるものですので
水没のリスクはいつも直ぐ側に寄り添ってくれちゃっております…

水没でお困りのお客様、皆様口を揃えてご質問いただくのが
「なおりますか?」という、お声です。

正直…わかりません!!
ただ、お直しするために精一杯頑張らせて下さい٩(๑òωó๑)۶

水没後の対応で、復旧するかどうか大きく左右されます。
水没してしまった際には、速やかに電源を切って頂き
そのまま大至急、端末をお持ち込み下さい(/_;)
「しばらく使えていたのに…」とお話くださるお客様もいらっしゃいますが
濡れたままにしておくと腐食が進んでしまったり
端子部分に内部の水滴が移動して入り込んでしまい
基板側の端子をショートさせてしまったり。。

コチラの端末は洗濯機で水没後、問題なく3日程使えていたが
4日目にして起動しなくなったとお持ち込み頂いたお客様の端末になります。

まず、黄色い◯が水没マーカーです。
元は白色ですがガッツリ真っ赤っかに変色しております。

お洗濯後、中の水分を振り出し
しばらくドライヤーをあて、シリカゲルにINしていたそうですが…
ご覧の通りiPhoneの内部は非常に入り組んでおり
基盤下やバッテリーの下などに入ってしまった水分は
ちょっとやそっとでは出てきてくれないのです(´・ω・`)
2日前に水没した端末でも、お持込時に
まだ内部に水が残っているなんてことは良くあります。。

なので、しっかりパネルを開けて乾燥させる事が重要なのです!!

次に、赤◯の部分ですね。
こちらは液晶パネルをはめる基板側の端子になります。
お写真ではわかりにくいかと思いますが
端子の一部が黒く変色してしまっているのが
おわかりになりますでしょうか?
これが、ショート痕です。。
恐らく、内部に残っていた水分が悪さをしたのではと考えます。

水没してしまった端末でも
適切な処置と知識・技術があればほぼ復旧可能です!!
ただ、復旧率を上げるためにも
お客様のご協力なしでは厳しいのです(´・ω・`)
たまにのんびりと、豆知識・小ネタ関連の記事の投稿も
復活していきたいと思いますので
お時間あるときにでも読んで頂ければ嬉しいです♪

~今日のまとめ~
水没も 諦めるには まだ早い

失礼いたしましたw笑
まずは、お持ち込み下さい☆ミ
お待ちしております(*´ω`*)

iPhoneの修理ならiPhone修理工房へ!
セレオ甲府店

TEL:03-3251-7770(営業時間10時〜20時)